読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あにめマブタ

@yokolineのアニメ記事がアップロードされます

田中あすかという感情の獣(『響け! ユーフォニアム』2期)

田中あすかとは何者だったのか 「田中あすか」というキャラクターは、『響け! ユーフォニアム』TVシリーズ第2期を貫く太い「心棒」であった。結局のところ、田中あすかは黄前久美子という、未曾有に強力な主人公の格さえ「食って」しまったという風情ま…

音響監督、鶴岡陽太の「音響演出」を分析する(京アニ・シャフト作品を題材に)

本稿は同人誌「多重要塞 vol.3」(当時の告知記事)に掲載した「アニメにおけるサウンド/ボイス演出と、ベストテイクを降ろす技術 ~ヒットメーカー鶴岡陽太のコンセプト志向~」を加筆・修正・改題したものです。 「音響監督」の具体的な仕事の内容 アニメ…

アニメ演出上のサプライズの最高のサンプル (『アイカツスターズ!』15話)

『アイカツスターズ!』第14、15話は必見 4月から始まった『アイカツスターズ!』も2クール目に突入した。 1クール目の第8話「小さな輝き」の作画の端麗さや、ED映像「episode Solo」の鮮烈さも素晴らしい。しかし、ベストはと訊かれれば、やはり7月に…

赤いリボン・目玉焼き・渡り廊下 ~ 『魔法少女まどか☆マギカ』TV版の構造解析~(23000文字)

以下は、2014年5月に身内の同人誌(重版予定なし)で発表した同名の記事を、ブログ用に加筆・修正したものです。(当時の告知記事) はじめに(この文章のねらい) この文章は『魔法少女まどか☆マギカ』のTVシリーズ(全12話)のうち、特に第1話Aパー…

話数単位で選ぶ、2015年TVアニメ10選(話数ごと1000文字のコメント付き)

こんばんは、年末あたりからめっきり寒くなりましたね。初参加となりますが、明日には本企画のトークイベントが開催されるということもあり、思い切って参加します。 今回は、2015年中に放映された新作TVアニメから、10作品10本(順不同)を選ばせて頂きまし…

話数ラスト30秒が超絶かっこいい! ~『コンクリート・レボルティオ』1、2話~

ストーリーの葛藤をラスト30秒に集約する手法 『コンクリート・レボルティオ~超人幻想~』は、今期放映されている中でも「次どうなるんだ!?」の魅力に、特に長けているアニメだ。 本作の舞台は、神化40年代という偽史的な昭和だ。そこには、ウルトラ…

『SHIROBAKO』の音響演出について寄稿しました(アニメクリティーク新刊(C88))

アニメ批評同人誌「アニメクリティーク」に寄稿しました 明日、8/14(金)に開催される、第88回コミックマーケット(1日目)のスペース東フ36aにて、 アニメ批評同人誌、アニメクリティークの新刊 『アニメクリティーク vol.3.0 特集 蟲・生物・人工物/…

吉川優子の、流すはずじゃなかった涙について ~『響け! ユーフォニアム』11話~

優子は何に泣いたのか TVシリーズアニメ『響け! ユーフォニアム』、これはとんでもない作品だということで、周囲のざわつきが止まらない。かくいう僕も、最新話である第11話を観たあと「北宇治まで五体投地したい」とツイッターに取り急ぎメモしたほどだ。 …

劇場から彼女にハローと呼びかけること ~『血界戦線』OP/ED分析~

『血界戦線』OP/EDを読む 各30回ほどは観ているだろうか、というのは、4月から始まったTVアニメシリーズ『血界戦線』のオープニング、エンディング映像のことである。 ともに松本理恵監督が絵コンテを担当した2本の映像には、いくつもの物語上のヒ…

完璧なエンドマークを見た ~『劇場版 境界の彼方 未来編』感想~

本当なら締めの言葉になるんだけど、最初に言っちゃいます。 TVシリーズを最後まで観て、気に入った人なら、本当に最高の体験ができると思います。ぜひ、劇場へ足を運んでみてください。 この記事は、『劇場版 境界の彼方 -I'LL BE HERE- 未来編』のインプ…

武内Pの視界 ~『アイドルマスターシンデレラガールズ』第1話のキャラ描写~

彼のような人を「イヌ系」とでも言うのだろうか。 TVアニメ『アイドルマスターシンデレラガールズ』第1話の放映後、話題をさらったのは、武内駿輔さん演じる、役名「プロデューサー」、人呼んで「武内P」の異形のキャラ造型である。 彼は200人弱がひしめ…

『楽園追放』は3DCG表現を逆手に取った演出に注目

どうも。ヒグチです。 『楽園追放』について、インプレッションな感想記事を残しておきたいと思って書いてます。 次のセクションから完全に【ネタバレ】していくので、気をつけてください。楽園追放 Expelled from Paradise【完全生産限定版】 [Blu-ray]出版…

文フリ19にて「音響監督 鶴岡陽太さんの音響演出」に関する文章を発表します

こんにちは、毎週の労働後に『SHIROBAKO』を視聴することを「夜勤」と呼んでいるヒグチです。 来たる三連休の終わり、11/24(月祝)の文学フリマ(第19回)で頒布します冊子で、「アニメ音響演出」全般に関する文章を発表します。 タイトルは「アニメにおける…

「今期の○○さんはどの作品に来てる?」で新作アニメをセレクトする

こんばんは。10月から秋アニメ始まりますね。僕はまだ、『月刊少女野崎くん』が終わってしまうことが受け容れられないでいるんですけど。※最終回を観る勇気がない 新しい番組が始まるとき、これからの三ヶ月、どれを追っていくかすごく迷うんですよね。 僕…

アニメ作画のキャラ芝居・日常芝居を楽しむ ~『アイカツ!』~

作画をゆるーく楽しむ 前回の記事では、『アイカツ!』第89話「あこがれは永遠に」を題材に、脚本(会話劇の面白さ)について「ゆる見」をしてみた。 アニメを「ゆる見」するというのはつまり、「この脚本は誰が書いた」「このカットは誰が描いた」という、…

『ソウルイーターノット!』最終話:OPには、実はストーリーの結末まで描かれていたこと

『ソウルイーターノット!』12話は最終回、観ました。今日は七兎(@vastblue710)に教えてもらった、OP映像には最初から、本作の結末までが描かれているという話を、最終話に絡めて書いています。

『ソウルイーターノット!』第10話、フレーム内⇔フレーム外の緊張感

『ソウルイーターノット!』第10話「悪夢のはじまり!」は今期のベスト話数のうちの1本。 オムニバス形式で軽い調子の第9話「カボチャ、グローウィン!」から一転し、ダークな雰囲気で進行する第10話は、他の話数との演出的な落差で強い印象を残しました。今…