読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あにめマブタ

@yokolineのアニメ記事がアップロードされます

アニメキャラの目元表現(『アイドルマスターシンデレラガールズ』神埼蘭子の眉毛)

アイカツ! アニメ デレマス アイドルマスターシンデレラガールズ キャラクターデザイン 神様はじめました ローリング☆ガールズ
みんな、神埼蘭子の眉毛見てる?(なんて挨拶だ)

 アニメもやっぱり絵だから、目元の表現ってちょっと命みたいなところがあるし、キャラクターによって描かれた方も個性が出る。
 たとえば『アイドルマスターシンデレラガールズ』の神崎蘭子は、他のキャラクターとは眉毛の描かれ方が違うんだな。

f:id:yoko-sen:20150226222145j:plain

 ちょっと見えづらいか、拡大してみます。

続きを読む

武内Pの視界 ~『アイドルマスターシンデレラガールズ』第1話のキャラ描写~

アニメ 演出 考察 アイドルマスター アイドルマスターシンデレラガールズ デレマス

 彼のような人を「イヌ系」とでも言うのだろうか。

 TVアニメ『アイドルマスターシンデレラガールズ』第1話の放映後、話題をさらったのは、武内駿輔さん演じる、役名「プロデューサー」、人呼んで「武内P」の異形のキャラ造型である。
 彼は200人弱がひしめく『シンデレラガールズ』の中で、第1話にして独自の地位を占めるに至った。なぜか。

 この第1話、見返してみれば、細かい仕掛けが山のようにつめ込まれている。
 恐らく、それが僕らに「武内P、もしかしてめちゃくちゃ良いヤツなのではないか」とさえ思わせてしまっているのではないか。
 この記事では、特に武内Pの人となりが伝わってくる描写に観点を絞り、各シーンの描写を追っていきたい。

※第1話はバンダイチャンネルから視聴できます。

「アイドルマスター シンデレラガールズ」 | バンダイチャンネル

武内Pの観察力と、「首元に手を当てる」クセについて

 346(ミシロ)芸能プロダクションアイドル部門、シンデレラプロジェクト担当、プロデューサー(以下、武内Pと記載)。
 身長はレッスン室の鴨居に達する2メーター弱、ごわごわした髪と三白眼、異様に彫りの深い顔立ち、年齢不詳。
f:id:yoko-sen:20150112180917j:plain

 めったに顔色を変えない武内Pだが、それは彼が冷たい人間であるということではない。
 彼の、どこを見ているのかわからない目には、色々なものが映り込んでおり、そこから他のキャラクターたちに対して、不器用ではあれ、すごく気を遣っていることが、映像から伝わってくる。

続きを読む

アニメソングの「キラーフレーズ」 (ゆゆ式 Advent Calender 11日目)

キラーフレーズ、てあります

 こんばんは。今日はアニメソングの話。
 オープニングテーマ、エンディングテーマ曲って、アニメ本編に1回流れますよね。1クールなら13回。
 で、13回って意外にハードル高い。自分のiTunesの再生回数でソートしてみると、13回以上聴いてる曲って、全体の1割だった。だから、ひとつの曲を13回も聴く機会って、多分、なかなか無いんです。

 で、13回も聴いてると、どこかで引っ掛かる、耳に残るフレーズが出てきたり。そういうのを僕は「キラーフレーズ」と呼んでるんです。
 たとえばこれ。↓

ゆゆ式』オープニングテーマ「せーのっ!」

歌:情報処理部(大久保瑠美津田美波種田梨沙
作詞・作曲 - ふわりP
TVアニメ「ゆゆ式」オープニングテーマ「せーのっ! 」 (通常盤)(数量限定オリジナルストラップ付)

そよ風になびく髪が カバンのそばをおよいだ

 終盤、崩した拍子の静かなパートに入る前のワンフレーズ。僕は今回、このフレーズを紹介するためにこの記事書き始めたんです。
 ここ、自分が持ってるカバンの近くに、揺れる髪の雰囲気だけを感じる、というイメージがある。ホントいい。
 「カバンのそばをおよいだ髪」って、縁ちゃんの髪ではないのか。多分そうやで。

続きを読む

『楽園追放』は3DCG表現を逆手に取った演出に注目

楽園追放 アニメ 作画 演出 考察

 どうも。ヒグチです。
 『楽園追放』について、インプレッションな感想記事を残しておきたいと思って書いてます。
 次のセクションから完全に【ネタバレ】していくので、気をつけてください。

 僕が感じた全体像として、牧歌的なSF作品というのがやっぱりあるんです。

 色々なものが一見解決したかのように見える世界で、人類はゆるやかに肉体的にも精神的にも縮小再生産を重ね、結果的には衰退を続けているという、ちょっとシニカルな世界観。そういう中で、何か本当のものがあるかもしれないと、もがいていくキャラクターたちに好感が持てる。
 舞台となっている青空と砂漠のように、描写にせよ演技にせよ健康的で、ポジティブな作品だと思った。

 で、そこから、もうちょっと考えてみたいわけで。

キャラクターが作画される⇔ディーヴァが計算する

 まず最初に気付いたのは、最初のビーチのシーン。人々が完全3DCGで動いているんだよね。対して、アンジェラが地球に降下して街に着いてからの人々は2D作画。

続きを読む

あなたを見つけて砂漠を抜け出すこと ~『少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録』を今考える~

少女革命ウテナ アニメ 考察

f:id:yoko-sen:20141130132151j:plain

少女革命ウテナ

 というアニメがある。今から17年前、1997年の4月から12月にかけて放映された全39話のオリジナルTVアニメシリーズだ。
 監督である幾原邦彦のもとに結集した若いスタッフ(のちに第一線級のクリエーターとなる人々ばかりだ)が作り上げた本作は、鮮烈なビジュアル/ストーリー/音響で、多くのアニメファンの記憶に独自の位置を占めるに至った。
 今回俎上に上げるのは、TV版放映の翌々年、99年7月に公開された劇場版『少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録』だ。

 難解と言われる『少女革命ウテナ』シリーズだが、その原因は、ひとつの言葉が、シチュエーションによって全く違った意味で用いられることだ。
 本作には「永遠」、そして「世界の果て」という言葉で言い表されるものとの対立軸がある。それは、永遠に続くもの、絶対に信じられるものは存在するのかしないのか、という議論だ。
 この世界のどこかに限界点、世界の末端があるのだとすれば、永遠に続くものは原理的にあり得ない。であれば、どちらかの立場をとるのであれば、もう片方は否定するしかない。この2つは本作のキーワードであり、またこの対立がどのような結末を迎えるのか、というのが本作の主題・テーマに深く関わってくる。

 更に、「城」「星」「王子様」「光差す庭」というサブキーワードがある。これは一見、「永遠」に属するように見えるが、後半に行くに従って「世界の果て」側に属していく。つまり、これらは「かりそめの永遠」だ。城は幻であり、星は投影された影であり、王子様は最初から死んでおり、光射す庭はもう無い。

 だから、本作の登場人物たちは、何らかの意味で「永遠」を失った人々だ。彼らは「永遠」を失ったが故に「永遠」を求めている。そのため、「永遠」を約束する学園のシステムに進んで従い、そして縛られているのだ。(本作では、現実主義者に見える者ほどロマンチストであり、ロマンチストに見える者ほど現実主義者な傾向がある。)

 TV版終盤では「世界の果て」との対立と、その結末が描かれた。一方、劇場版では「永遠」の喪失と「世界の果て」の支配と、そこからの脱出に描写を絞り、より内的なメッセージ性が高められている。これは、内的な解決をTV版で、外的な出来事を劇場版で描いた『新世紀エヴァンゲリオン』と対照的だ。
 以下では、僕と友達の「ゆるーい」チャットログをベースに『アドゥレセンス黙示録』の見どころを話していく。

続きを読む

文フリ19にて「音響監督 鶴岡陽太さんの音響演出」に関する文章を発表します

アニメ ラブライブ! 同人誌 告知 書き起こし 演出 音響

 こんにちは、毎週の労働後に『SHIROBAKO』を視聴することを「夜勤」と呼んでいるヒグチです。

 来たる三連休の終わり、11/24(月祝)の文学フリマ(第19回)で頒布します冊子で、「アニメ音響演出」全般に関する文章を発表します。

 タイトルは「アニメにおけるサウンド/ボイス演出と、ベストテイクを降ろす技術 ~ヒットメーカー鶴岡陽太のコンセプト志向~」です。

 簡単に背景を説明する前に、場所・時間などの詳細を置きます。
 文章の最後に、新刊の表紙も載せています。

続きを読む

「今期の○○さんはどの作品に来てる?」で新作アニメをセレクトする

雑記 アニメ 音響 演出

 こんばんは。10月から秋アニメ始まりますね。僕はまだ、月刊少女野崎くんが終わってしまうことが受け容れられないでいるんですけど。※最終回を観る勇気がない

 新しい番組が始まるとき、これからの三ヶ月、どれを追っていくかすごく迷うんですよね。
 僕はひとまず3話くらいまで観て決めるんだけど、自分が好きなスタッフさんが参加しているか、という部分にも目が行ってしまったりする。

 この記事では「このスタッフさんが参加されるなら、追いたいでしょ」となるスタッフさんを数人、挙げてみたい。

作詞:畑亜貴さん 作編曲:MONACAスタッフ

 畑亜貴さんと言えば、最近ではラブライブ!の全楽曲をはじめ、多くのアニメソングの作詞を手がける、超多作な作詞家だ。*1

*1:最近Twitterで、手がけてきたアニメ主題歌の99%は「曲先」(先に出来ている曲のメロディーに歌詞をつける)と興味深い発言

続きを読む